PR
スポンサーリンク

6W2Hで目標設定をするメリットと注意点!

5.0
スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

《6W2H》をすぐにダウンロードする

目標設定の重要性と6W2Hの概要

目標設定とは、自分が達成したいことを明確にし、そのために必要な行動や期限を決めることです。
目標設定は、仕事や勉強、趣味など、さまざまな分野で役立ちます。
目標設定をすることで、以下のようなメリットがあります。

– 自分のやるべきことややりたいことがはっきりする
– 自分の能力や成長を客観的に評価できる
– モチベーションや集中力を高めることができる
– 時間や労力を無駄にしないで効率的に行動できる
– 自分の夢や理想に近づくことができる

しかし、目標設定をするだけでは、目標を達成することはできません。
目標を達成するためには、目標を具体的にし、計画や実行をしっかりと行う必要があります。
そこで、目標設定を考えるときに役立つフレームワークがあります。それが、6W2Hと呼ばれるものです。

6W2Hとは、目標を設定する際に「いつ(When)」「どこで(Where)」「だれが(Who)」「だれに(Whom)」「なにを(What)」「なぜ(Why)」「どうやって(How)」「いくらで(How much)」の8つの要素を考えることです。
この8つの要素を考えることで、目標を明確にし、達成のための計画を立てやすくなります。
6W2Hは、ビジネスやプロジェクト管理などでよく使われる手法ですが、個人の目標設定にも応用できます。

6W2Hの各要素について

When:目標の期限を決めることで、優先順位をつけたり、進捗を管理したりできる

目標の期限を決めるということは、いつまでに何をするかを明確にするということです。
目標の期限を決めることで、以下のようなメリットがあります。

  • 優先順位をつけることができる:期限が近い目標や重要な目標に集中できる
  • 進捗を管理することができる:期限に合わせて目標を分割し、スケジュールを立てることができる
  • 達成感を得ることができる:期限内に目標を達成すると、自信や満足感を感じることができる

目標の期限を決めるときには、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 現実的で挑戦的な期限を設定する:期限があまりにも緩いと、やる気がなくなったり、先延ばしにしたりする可能性があります
    逆に、期限があまりにも厳しいと、ストレスが溜まったり、品質が低下したりする可能性があります
    現実的でありながら、自分の能力を引き出すような期限を設定しましょう
  • 期限を見直すことができる:目標を設定した後に、状況や条件が変わることもあります
    その場合は、期限を見直すことができます
    ただし、見直すときには、その理由や根拠を明確にし、自分に甘くならないようにしましょう
  • 期限を守ることを意識する:期限を決めたら、それを守ることを意識しましょう
    期限を守ることは、自分の信頼性や責任感を高めることにもつながります
    期限を守るためには、計画を立てるだけでなく、実行することが大切です
    計画と実行のバランスをとりましょう
Where:目標を達成する場所や環境を考えることで、リソースや制約を把握できる

目標を達成する場所や環境を考えるということは、どこで何をするかを明確にするということです。
目標を達成する場所や環境を考えることで、以下のようなメリットがあります。

  • リソースを把握することができる:場所や環境によって、利用できる資源やツールが異なります
    例えば、自宅で勉強する場合と図書館で勉強する場合では、インターネットの速度や本の種類などが違うかもしれません
    目標を達成する場所や環境を考えることで、自分が何を使えるかを知ることができます。
  • 制約を把握することができる:場所や環境によって、制限や障害が発生する可能性があります
    例えば、オフィスで仕事する場合とカフェで仕事する場合では、騒音や人の目などが気になるかもしれません
    目標を達成する場所や環境を考えることで、自分が何に注意するかを知ることができます

目標を達成する場所や環境を考えるときには、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 目標に適した場所や環境を選ぶ:目標によって、最適な場所や環境が異なります
    例えば、集中力が必要な目標では、静かで快適な場所を選ぶことが望ましいです
    自分の目標に合った場所や環境を選ぶことで、目標の達成を助けることができます
  • 場所や環境を変えることができる:目標を設定した後に、場所や環境が変わることもあります
    その場合は、場所や環境を変えることができます
    ただし、変えるときには、その理由や効果を明確にし、自分に都合のいいように変えないようにしましょう
  • 場所や環境を活用することを意識する:場所や環境は、目標の達成に影響を与える要素の一つです
    場所や環境を活用することで、目標の達成を促進することができます
    例えば、図書館で勉強する場合は、本やインターネットを使って情報を調べたり、他の人の勉強ぶりを見て刺激を受けたりすることができます
Who:目標に関わる人や役割を明確にすることで、責任や協力を分担できる

目標に関わる人や役割を明確にするということは、だれが何をするかを明確にするということです。
目標に関わる人や役割を明確にすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 責任を分担することができる:目標に関わる人や役割を明確にすることで、自分の担当や責任範囲を知ることができます。
    また、他の人の担当や責任範囲も知ることができます
    これにより、目標の達成に向けて、自分の役割を果たすことができます
  • 協力を得ることができる:目標に関わる人や役割を明確にすることで、他の人との連携やコミュニケーションを円滑にすることができます
    また、他の人の意見やフィードバックを聞くことができます
    これにより、目標の達成に向けて、他の人の協力を得ることができます

目標に関わる人や役割を明確にするときには、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 目標に適した人や役割を選ぶ:目標によって、必要な人や役割が異なります
    例えば、新しい商品を開発する目標では、企画や開発、販売などの役割が必要です
    自分の目標に合った人や役割を選ぶことで、目標の達成を助けることができます
  • 人や役割を明確にする:人や役割を選んだら、それぞれの担当や責任範囲を明確にすることが大切です
    明確にすることで、目標の達成に向けて、誰が何をするかを把握できます
    明確にするときには、目標や期限、報告方法などを具体的に伝えましょう
  • 人や役割を尊重することを意識する:人や役割を明確にすることは、目標の達成に必要なことですが、それだけでは十分ではありません
    人や役割を尊重することを意識することも大切です
    尊重することは、他の人の能力や貢献を認めたり、感謝や評価を表したりすることです
    尊重することで、目標の達成に向けて、チームワークや信頼関係を築くことができます
Whom:目標の対象や利益者を考えることで、価値や効果を評価できる

目標の対象や利益者を考えるということは、だれのために何をするかを明確にするということです。
目標の対象や利益者を考えることで、以下のようなメリットがあります。

  • 価値を評価することができる:目標の対象や利益者を考えることで、自分の目標がどのような価値を提供するかを知ることができます
    例えば、新しい商品を開発する目標では、その商品のユーザーや顧客が対象や利益者です
    その商品がどのようなニーズや問題を解決するかを考えることで、その商品の価値を評価できます
  • 効果を評価することができる:目標の対象や利益者を考えることで、自分の目標がどのような効果をもたらすかを知ることができます
    例えば、社会貢献活動をする目標では、その活動の受益者や社会が対象や利益者です
    その活動がどのような変化や影響を与えるかを考えることで、その活動の効果を評価できます

目標の対象や利益者を考えるときには、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 目標に適した対象や利益者を選ぶ:目標によって、対象や利益者が異なります
    例えば、自分の健康を改善する目標では、自分自身が対象や利益者です
    自分の目標に合った対象や利益者を選ぶことで、目標の達成を助けることができます
  • 対象や利益者を明確にする:対象や利益者を選んだら、それぞれのニーズや期待を明確にすることが大切です
    明確にすることで、目標の達成に向けて、何を提供するかを把握できます
    明確にするときには、対象や利益者に直接聞いたり、調査や分析を行ったりしましょう
  • 対象や利益者を満足させることを意識する:対象や利益者を明確にすることは、目標の達成に必要なことですが、それだけでは十分ではありません
    対象や利益者を満足させることを意識することも大切です
    満足させることは、対象や利益者のニーズや期待を超えたり、感動や驚きを与えたりすることです
    満足させることで、目標の達成に向けて、関係性や評判を高めることができます
What:目標の内容や成果を具体的に定義することで、目標の達成度を測定できる

目標の内容や成果を具体的に定義するということは、何をどのくらいするかを明確にするということです。
目標の内容や成果を具体的に定義することで、以下のようなメリットがあります。

  • 目標の達成度を測定することができる:目標の内容や成果を具体的に定義することで、自分の目標がどの程度達成されたかを客観的に判断できます
    例えば、英語を勉強する目標では、TOEICのスコアや英会話のレベルなどを目標の内容や成果として定義できます
    そのような指標を使って、自分の英語力の向上を測定できます
  • 目標の達成に向けて、具体的な行動を決めることができる:目標の内容や成果を具体的に定義することで、自分の目標に必要な行動や手段を考えやすくなります
    例えば、新しいスキルを習得する目標では、そのスキルのレベルや認定などを目標の内容や成果として定義できます
    そのような基準をもとに、自分の目標に適した教材やコースを選んだり、練習やテストを行ったりできます

目標の内容や成果を具体的に定義するときには、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • SMARTに沿って目標を設定する:SMARTとは、目標を設定する際に、以下の5つの要素を満たすようにすることです
    • Specific(具体的):目標がはっきりとしていること
    • Measurable(測定可能):目標が数値や指標で表せること
    • Achievable(達成可能):目標が現実的で挑戦的なこと
    • Relevant(関連性):目標が自分の価値観やビジョンと合致すること
    • Time-bound(期限付き):目標がいつまでに達成するかが決まっていること
  • 目標を見直すことができる:目標を設定した後に、状況や条件が変わることもあります
    その場合は、目標を見直すことができます
    ただし、見直すときには、その理由や根拠を明確にし、自分に甘くならないようにしましょう
  • 目標を達成することを意識する:目標の内容や成果を具体的に定義することは、目標の達成に必要なことですが、それだけでは十分ではありません
    目標を達成することを意識することも大切です
    意識することは、目標に対するコミットメントやモチベーションを高めたり、目標に向かって行動したりすることです
    意識するためには、目標を可視化したり、目標に関するフィードバックを得たりしましょう
Why:目標の理由や目的を明らかにすることで、モチベーションや意義を高めることができる

目標の理由や目的を明らかにするということは、なぜその目標を選んだのか、その目標が自分にとってどういう意味があるのかを明確にするということです。
目標の理由や目的を明らかにすることで、以下のようなメリットがあります。

  • モチベーションを高めることができる:目標の理由や目的を明らかにすることで、自分の目標に対する情熱や興味を強化できます
    例えば、ダイエットをする目標では、その理由や目的が健康や美容や自信などによって異なります
    その理由や目的を明確にすることで、自分の目標に対する動機付けを高めることができます
  • 意義を感じることができる:目標の理由や目的を明らかにすることで、自分の目標が自分自身や他者や社会にとってどのような価値を持つかを知ることができます
    例えば、ボランティア活動をする目標では、その理由や目的が人助けや社会貢献や学習などによって異なります
    その理由や目的を明確にすることで、自分の目標に対する意義を感じることができます

目標の理由や目的を明らかにするときには、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 自分の価値観やビジョンに沿った理由や目的を選ぶ:目標によって、理由や目的が異なります
    例えば、海外旅行をする目標では、その理由や目的が楽しみや発見や挑戦などによって異なります
    自分の価値観やビジョンに合った理由や目的を選ぶことで、目標の達成を助けることができます
  • 理由や目的を明確にする:理由や目的を選んだら、それらを明確にすることが大切です
    明確にすることで、目標の達成に向けて、何を求めるかを把握できます
    明確にするときには、自分に問いかけたり、文章に書き出したりしましょう
  • 理由や目的を忘れないことを意識する:理由や目的を明確にすることは、目標の達成に必要なことですが、それだけでは十分ではありません
    理由や目的を忘れないことを意識することも大切です
    忘れないことは、目標に対する情熱や興味を維持したり、目標に対する意義を再確認したりすることです
    忘れないためには、目標や理由や目的を可視化したり、目標に関するフィードバックを得たりしましょう
How:目標を達成するための方法や手順を考えることで、計画や実行を効率化できる

目標を達成するための方法や手順を考えるということは、どうやってその目標をするかを明確にするということです。
目標を達成するための方法や手順を考えることで、以下のようなメリットがあります。

  • 計画を立てることができる:目標を達成するための方法や手順を考えることで、自分の目標に必要な時間や資源や行動を把握できます
    例えば、資格試験に合格する目標では、その試験の内容や難易度や日程などを考えることで、自分の目標に必要な勉強時間や教材やスケジュールを決めることができます
  • 実行を効率化することができる:目標を達成するための方法や手順を考えることで、自分の目標に向かって、具体的かつ効果的に行動できます
    例えば、ダイエットをする目標では、そのダイエットの方法や手順や目安などを考えることで、自分の目標に向かって、食事や運動や生活習慣などを改善できます

目標を達成するための方法や手順を考えるときには、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 目標に適した方法や手順を選ぶ:目標によって、最適な方法や手順が異なります
    例えば、英語を勉強する目標では、その英語の目的やレベルやスタイルなどによって、最適な勉強法や教材やコースなどが異なります
    自分の目標に合った方法や手順を選ぶことで、目標の達成を助けることができます
  • 方法や手順を明確にする:方法や手順を選んだら、それらを明確にすることが大切です
    明確にすることで、目標の達成に向けて、何をいつどのようにするかを把握できます
    明確にするときには、目標や期限や報告方法などを具体的に伝えましょう
  • 方法や手順を守ることを意識する:方法や手順を明確にすることは、目標の達成に必要なことですが、それだけでは十分ではありません
    方法や手順を守ることを意識することも大切です
    守ることは、自分の計画や行動に一貫性や信頼性を持たせたり、目標に対するコミットメントやモチベーションを高めたりすることです
    守るためには、計画を立てるだけでなく、実行することが大切です
    計画と実行のバランスをとりましょう
How Much:目標にかかるコストやリターンを考えることで、目標の妥当性や優先度を判断できる

目標にかかるコストやリターンを考えるということは、その目標を達成するためにどれだけの投資や収益があるかを明確にするということです。
目標にかかるコストやリターンを考えることで、以下のようなメリットがあります。

  • 目標の妥当性を判断することができる:目標にかかるコストやリターンを考えることで、自分の目標が現実的で合理的かどうかを知ることができます
    例えば、海外旅行をする目標では、その旅行にかかる費用や時間や労力などのコストと、その旅行から得られる楽しみや発見や経験などのリターンを考えることで、その旅行が自分にとって価値があるかどうかを判断できます
  • 目標の優先度を判断することができる:目標にかかるコストやリターンを考えることで、自分の目標の中でどれが重要かどうかを知ることができます
    例えば、複数の資格試験に合格する目標では、それぞれの試験にかかる勉強時間や受験料などのコストと、それぞれの試験から得られるスキルや知識や認定などのリターンを考えることで、その試験の優先度を決めることができます

目標にかかるコストやリターンを考えるときには、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • コストやリターンを定量的に評価する:コストやリターンを考えるときには、できるだけ数値や指標で表すことが望ましいです
    数値や指標で表すことで、コストやリターンを客観的に比較や分析できます
    例えば、新しいスキルを習得する目標では、そのスキルにかかる学習時間や費用などのコストと、そのスキルによって得られる収入や評価などのリターンを数値で評価できます
  • コストやリターンを定性的に評価する:コストやリターンを考えるときには、数値や指標だけでなく、感情や感覚も考慮することが大切です
    感情や感覚で評価することで、コストやリターンに対する満足度や重要度を知ることができます
    例えば、社会貢献活動をする目標では、その活動にかかる時間や労力などのコストと、その活動によって得られる喜びや充実感などのリターンを感情や感覚で評価できます

6W2Hを使うことのメリットや注意点

目標設定を考えるときに6W2Hを使うことのメリットや注意点をまとめると、以下のようになります。

メリット:

  • 6W2Hを使うことで、目標を明確にし、達成のための計画を立てやすくなります
  • 6W2Hを使うことで、目標の価値や効果を評価し、モチベーションや意義を高めることができます
  • 6W2Hを使うことで、目標に関わる人や役割を明確にし、責任や協力を分担できます

注意点:

  • 6W2Hを使うときには、現実的で挑戦的な目標を設定し、SMARTに沿って目標を定義しましょう
  • 6W2Hを使うときには、状況や条件が変わった場合には、目標を見直すことができますが、自分に甘くならないようにしましょう
  • 6W2Hを使うときには、目標を設定するだけでなく、目標を達成することを意識し、計画と実行のバランスをとりましょう

まとめ

6W2Hとは、目標を設定する際に「いつ(When)」「どこで(Where)」「だれが(Who)」「だれに(Whom)」「なにを(What)」「なぜ(Why)」「どうやって(How)」「いくらで(How much)」の8つの要素を考えることです。
6W2Hで目標を設定することで、あなたは、以下のようなことができるようになるでしょう。

  • 自分の目標を明確にし、達成のための計画を立てやすくなる
  • 自分の目標に対するモチベーションや意義を高める
  • 自分の目標に関わる人や役割を明確にし、責任や協力を分担できる
  • 自分の目標の価値や効果を評価し、妥当性や優先度を判断できる

目標設定は、とても重要なスキルです。
目標設定をすることで、自分の成長やキャリアに向けて、積極的に行動できます。
また、目標設定をすることで、自分の仕事やプロジェクトに対して、貢献や成果を出せます。

目標設定は、自分の夢や理想に近づくために必要なことです。
しかし、目標設定をするだけでは、目標を達成することは難しいかもしれません。
目標を達成するためには、目標を具体的にし、計画や実行をしっかりと行う必要があります。

コメント

  1. zoritoler imol より:

    Nice post. I was checking constantly this blog and I’m impressed! Extremely useful info specially the last part 🙂 I care for such info a lot. I was seeking this particular info for a long time. Thank you and best of luck.