PR
スポンサーリンク

【データ分析を加速させる】フレームワーク倉庫《Excelですぐつかえる》

5.0
スポンサーリンク
新着情報
2024.02.24
2024.01.14
2024.01.01
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク



Excelで作られたフレームワーク

Excelのフレームワークを使ってビジネスに役立つ分析や戦略を提供するAIコンサルタントです
様々な場面で役に立つフレームワークをExcelで使えるように集めました
その時々のシチュエーションに合わせて組み合わせても利用できます

 

20.SMART分析 – その目標は良い目標か

SMART分析は目標設定のフレームワークで、具体的な目標を設定する際に使用されます。
SMARTはSpecific(具体的)、Measurable(測定可能)、Achievable(達成可能)、Relevant(関連性がある)、Time-bound(期限を設定する)の頭文字を表します。
具体的で明確な目標を立て、達成の進捗を定量的に評価し、現実的な目標を設定し、組織の戦略や目的に関連付け、期限を設けることで、目標達成の明確な指針を提供します。
SMART分析は効果的な目標管理とパフォーマンス向上に役立ち、個人やチーム、組織の成果を最大化するための枠組みとなります。

《目標を導いて成果を最大化する!SMART分析はこちら→SMART分析

目標設定の王道《SMART分析》を使いこなす! 【具体的な方法と成功事例】

《SMART分析》をすぐにダウンロードする
19.プロダクト ポートフォリオ マネジメント – 事業の全体像をとらえる

プロダクトポートフォリオマネジメントは、企業が複数の製品やサービスを効果的に計画、開発、運用するための戦略的アプローチです。
これは、リソースの最適な活用と市場の需要に合わせた製品群の組成を重視します。
プロダクトポートフォリオマネジメントは、製品のライフサイクルや競合状況を考慮し、投資、優先順位付け、リソースの分配を計画することで、持続的な成長と競争力を実現します。
これにより、企業は市場の変化に適応し、革新的な製品を開発し、リスクを分散させるための方針を策定することができます。

《成功への道を拓く!プロダクト ポートフォリオ マネジメントはこちら→プロダクト ポートフォリオ マネジメント

《プロダクト ポートフォリオ マネジメント》をすぐにダウンロードする
18.SUCCESs分析 – みんなが共感すること

SUCCESs分析はビジネス戦略の評価手法で、戦略の要素を5つの要因で分析します。
Sは「Strategy(戦略)」、Uは「Unique(独自性)」、Cは「Customer(顧客)」、Cは「Cost(コスト)」、Eは「Execution(実行)」、2つ目のSは「Story(物語)」を表します。
各要因を評価し、戦略の継続可能性や競争力を判断します。
これにより、効果的な戦略立案と実行が可能となります。
成功の鍵となる戦略の要素を把握し、ビジネスの成果を最大化する手法です。

《戦略の成功を予測する!SUCCESs分析はこちら→SUCCESs分析

《SUCCESs分析》をすぐにダウンロードする

 

17.VRIO分析 – 自社の強みはどこにあるか

ビジネスの舞台で成功を収めるためには、戦略的な考え方が欠かせません。
そこで登場するのが「VRIO分析」です。
私たちの現代社会は日々変化し、競争が激化する中、資源や能力を最大限に活かす方法が求められています。
どのようにVRIO分析を活用すれば、組織の中にいると意外とわかりにくい自分たちの強みや弱みについて知ることができるでしょうか。

さっそく『V→R→I→O』の順に自分たちに合格点をあげられるかやってみましょう。

《競争優位を手に入れる!VRIO分析はこちら→VRIO分析

《VRIO分析》をすぐにダウンロードする

 

16.PEST分析 – 何から影響を受けるか

PEST分析は、環境変化を理解し戦略策定に活用するツールです。
政治(Political)、経済(Economic)、社会(Social)、技術(Technological)の4つの要因を分析し、市場動向や競争状況を把握します。
政府政策、経済成長、文化変化、技術革新などの影響を洞察し、ビジネス戦略を柔軟に適応させるための基盤を提供します。
自分たちではコントロールできない要因から受ける影響を事前に知っておくことは重要です。
とくに未知の地域に進出するときは注意しましょう。

《外部環境を見極める!PEST分析はこちら→PEST分析

《PEST分析》【ビジネス戦略に欠かせない外部環境を見極める!】

《PEST分析》をすぐにダウンロードする

 

誰がなぜ買ってくれてるの

日々の作業に追われていると当たり前に目の前にあるものが見えなくなってしまうこともありますよね
そもそも自分たちの提供しているものは誰がなぜ手に取って買ってくれているのか再確認してみましょう

 

15.ガントチャート – 予定は未定

ガントチャートとは作業予定表のことで、プロジェクト管理に用いられるタスクや活動の進捗を視覚的に表示するツールです。
縦軸にタスクや活動、横軸に時間を配置し、棒グラフで各タスクの開始と終了予定を示すことで、プロジェクト全体の進行状況やスケジュールを把握できます。
重要なマイルストーンや依存関係も表示され、効果的なスケジュール管理とチームコミュニケーションを支援します。
そうすることでだれがいつどの作業をいつまでに終わらせるのかを可視化できます。
これによりどの作業が予定通り進んでいないかなども把握できます

《プロジェクト管理の鍵!ガントチャートはこちらガントチャート

《ガントチャート》をすぐにダウンロードする
14.カスタマージャーニーマップ – 買うまでにどんな行動をするの

カスタマージャーニーマップは、顧客が商品やサービスを購入する際の全体的な体験を図や図表で可視化するツールです。
顧客の視点から、意識、認識、検討、購入、利用、忠誠度の各段階を捉え、ニーズや行動、感情の変化を理解し、顧客エクスペリエンスの向上や効果的なコミュニケーション戦略の立案に役立ちます。
その段階でどのようなアプローチをするのが効果的か考えてみましょう。

《未来の顧客体験を予測!カスタマージャーニーマップはこちら→カスタマージャーニーマップ

《カスタマージャーニーマップ》をすぐにダウンロードする
13.AIDMA – 買うまでにどんなことを考えるの

AIDMAはマーケティングの戦略的枠組みで、Attention(注意)、Interest(興味)、Desire(欲望)、Action(行動)、といったプロセスを指します。
顧客の心をつかみ、関心を引き、欲望を喚起し、最終的に行動に移すためのステップを示し、効果的なキャンペーンや広告の展開に活用されます。

《顧客の心を掴む!AIDMAはこちら→AIDMA

《AIDMA》をすぐにダウンロードする
12.共感マップ – 買ってくれた人はどんな生活をしているの

共感マップは、顧客の感情やニーズを可視化するツールです
その魔法のような手法は、ビジネスに新たな視点を提供します
我々は、この記事で共感マップの全体像を探り、具体的な手法や成功事例を通じて、顧客との深い共感を築くための秘訣を解説します
その先に広がる、顧客との深い結びつきを感じてください
購買者が日々の生活の中でどのようなこと見て聞いて感じているのかその人になりきって考えてみましょう

《ユーザーのニーズを見逃すな!共感マップはこちら→共感マップ

《共感マップ》をすぐにダウンロードする

 

11.ペルソナ – 買ってくれるのはこんな人

ペルソナとは、特定の商品やサービスのターゲットとなる架空の理想顧客像を指します
年齢、性別、趣味、ニーズなどの情報を元に作成され、企業がターゲット層の特徴を把握し、効果的なマーケティング戦略を立案するために活用されます
ペルソナは商品開発や広告、コンテンツ制作などにおいて、顧客の視点を理解し、魅力的な提案をするための有用なツールです
購買者を具体的にイメージすることで販売促進活動がやりやすくなります

どんな人がターゲットになるのかイメージしてみましょう

《顧客理解の最強ツール!ペルソナはこちら→ペルソナ

《ペルソナ》をすぐにダウンロードする

 

どうしてうまくいかないのか

行動を起こしてみたものの、最初から思ったような効果が出るとは限りません
そんなときはそのままやみくもに突っ走るより、一旦立ち止まって今の状況を整理してみましょう
次の一歩をどの方向に踏み出せば確実か見えてきますよ

 

10.マトリクス記述版 – 緊急だけど重要でないこと

縦軸に重要度、横軸に緊急度を設定したマトリクス記述版とは、タスクや問題を分類して優先順位を決めるための手法です
この手法は、アメリカの元大統領であるドワイト・D・アイゼンハワーが考案したとされ、アイゼンハワーマトリクスとも呼ばれます

このマトリクス分析図では、タスクや問題を以下の4つの領域に分けます

重要度緊急度も高い(第1象限):最優先に対処すべきタスクや問題
例えば、締め切りが迫ったプロジェクトや、顧客からのクレーム対応など

重要度は高いが緊急度は低い(第2象限):計画的に対処すべきタスクや問題
例えば、中長期的な目標や戦略、人材育成や自己啓発など

重要度は低いが緊急度は高い(第3象限):効率的に対処すべきタスクや問題
例えば、日常的な業務や報告、電話やメールなど

重要度緊急度も低い(第4象限):必要に応じて対処すべきタスクや問題
例えば、趣味や娯楽、無駄な会議や雑談など

このマトリクス分析図の使い方は、まず自分が抱えるタスクや問題を4つの領域に振り分けることです
その後、第1象限のタスクや問題に最優先で取り組み、第2象限のタスクや問題に時間を確保して取り組みます
第3象限のタスクや問題は効率的に処理するか、他人に委譲するか、断るかの判断をします
第4象限のタスクや問題は可能な限り削減するか、無視するかの判断をします

このマトリクス分析図のメリットは、タスクや問題の優先順位を明確にすることで、仕事の効率化と時間管理ができることです
また、自分が本質的に重要なことに集中できることで、成果や満足度が向上することです
デメリットは、タスクや問題の重要度や緊急度が主観的になりがちであることです
また、状況によって重要度や緊急度が変化することもあります
そのため、定期的にマトリクス分析図を見直す必要があります

《優先順位を一目で把握!マトリクス記述版》はこちら→マトリクス記述版
《マトリクス記述版》をすぐにダウンロードする
9.マトリクス分布版 – 自分たちの立ち位置は

ビジネスの舞台で成功を収めるためには欠かせない重要なツールです
競争激化する現代社会において、自社の強みや弱点を正確に把握し、競合他社との差異を明確にすることは、戦略の立案や市場展開において不可欠です
市場の中での自分たちと競合の立ち位置をはっきりさせ、これから時間をかけていくことや逆に切り捨てていくことを視覚化させます

《立ち位置を比較!マトリクス分布版》はこちら→マトリクス分布版
《マトリクス分布版》をすぐにダウンロードする
8.STP分析 – どこを目指すべきか

STP分析とは、マーケティング戦略を立案するために、市場や顧客を分析する方法です
STPは、Segmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)の頭文字をとったもので、以下のような手順で行います

  • セグメンテーション:市場を顧客の属性やニーズなどによって細分化します。例えば、年齢や性別、地域やライフスタイルなどの軸で市場を区分けします
  • ターゲティング:細分化された市場の中から、自社が狙うべき市場を選択します。例えば、自社の製品の強みやブランドイメージに合致する市場や、競争が少なく成長性が高い市場などを選びます
  • ポジショニング:自社の製品が他社の製品とどのように違うか、どのような価値を提供するかを明確にします。例えば、高品質や低価格、独自性や信頼性などの差別化ポイントを設定し、顧客に訴求します

STP分析は、自社の製品が誰に何を売るかを明確にすることで、効果的なマーケティング戦略を策定することができます

《STP分析》はこちら→STP分析
《STP分析》をすぐにダウンロードする
7.クロスSWOT分析 – 何に注意して動くべきか

クロスSWOT分析とは、SWOT分析で洗い出した強み(S)、弱み(W)、機会(O)、脅威(T)の4つの要素をそれぞれ掛け合わせて、戦略オプションを洗い出す手法です
クロスSWOT分析では、以下のような4つの戦略が考えられます

SO戦略:強みを活かして機会を捉える戦略。市場参入やシェア拡大などの進出戦略が該当します
WO戦略:弱みを改善しながら機会を最大化する戦略。市場環境が好条件であるが、競合に遅れている場合などに適用できます
ST戦略:強みを活かして脅威に対処する戦略。競合との差別化やリスク回避などの防衛戦略が該当します
WT戦略:弱みと脅威の影響を最小限に抑える戦略。事業撤退や再編などの撤退戦略が該当します

クロスSWOT分析は、SWOT分析と親和性が高く、SWOT分析の結果をそのまま利用できます
また、クロスSWOT分析は、SWOT分析よりも具体的な戦略立案に役立ちます
SWOT分析では、現状を客観的に把握することができますが、それだけでは有効な戦略立案にはつながりません
クロスSWOT分析では、それぞれの領域において検討すべき事項や方向性が明確になります
SWOT分析の結果をさらに深く分析して、次の行動を具体的に考えましょう

《クロスSWOT分析》はこちら→クロスSWOT分析
《クロスSWOT分析》をすぐにダウンロードする
6.SWOT分析 – 自分たちの”強み”ってなに?

SWOT分析とは、自社や事業の現状を把握するために、内部環境と外部環境を強み(S)、弱み(W)、機会(O)、脅威(T)の4つの要素に分類して分析する手法です
自社の強みと弱みをはっきりさせると同時に、自分たちの外部の環境が自分たちに及ぼす影響を書き出します
SWOT分析の目的は、自社の強みを活かして機会を捉え、弱みを改善して脅威に対処することで、効果的な経営・マーケティング戦略を立案することです
SWOT分析は、自社のポジションや競合状況を客観的に見ることができるメリットがありますが、分析者の主観や前提条件によって結果が変わりやすいデメリットもあります

《SWOT分析》はこちら→SWOT分析
《SWOT分析》をすぐにダウンロードする

 

あたらしいスタートアップ

新規プロジェクトなど新しいことが始まるときに使えるフレームワークです
フレームワークとはプロジェクトに参加しているメンバー全員が ”アイデア・現状分析・問題解決・戦略展開” などを共有して認識できるようにする枠組みのことでいろいろなパターンが存在しています
その中でもとくに最初の最初の計画を練るときに考えを深めていくため役立つものを5つ集めました

5.ビジネスモデルキャンバス

最後にみんなでこのビジネスのイメージを共有するのに最適なフレームワークです
メンバーではない周囲の人に説明するときにも有効的でしょう
まず中心にこのビジネスが提供する”価値”を記入するので軸がブレにくいのが特徴です
中心から右側に”誰にその価値を提供するのか”が入り、中心から左側は”どのようにその価値を創造するか”になります
プロダクトアウトよりもマーケットインの考え方をしているプロジェクトにピッタリ合います

《ビジネスモデルキャンバスの使い方を徹底解説!》はこちら→ビジネスモデルキャンバス
ビジネスモデルキャンバス》をすぐにダウンロードする
4.コントロールできるか

ここまでくればもうすでにプロジェクトをスタートできる状態になっているように思います
しかし本当にそうでしょうか
ここまで考えに考えてきた内容について、最後に確認しておかなければならないことがあります
それが自分が動くことが結果に直結しているかどうかです
自分の行動で結果がコントロールできるのであれば良いのですが、もし相手の行動で結果が変わるのであればそれには固執しないように気をつけなければなりません

《【失敗知らずで未来の成功を掴む!】それはコントロールできるのか?》はこちら→コントール
《コントロール》をすぐにダウンロードする
3.5W1H と 6W2H

有名な5W1Hと2つ多い6W2Hです
5W1Hとは ”Who(だれが) When(いつ) Where(どこで) What(なにを) Why(なぜ) How(どのように)” で、6W2Hはそこに ”Whom(だれに) How much(どのくらい)” を追加したフレームワークです
シートの形はマンダラチャートに似ていますが使い方は全く逆になります
マンダラチャートは中心から周囲に思考を広げていきますが、6W2Hは逆に周囲から俯瞰的に中心を見つめるイメージです
どんどん先にプロジェクトを進めたい気持ちを一旦落ち着けて漏れや抜けがないか確認できます

《6W2Hで戦略策定の基礎を固める!》はこちら→6W2H
《5W1H》&《6W2H》で戦略策定の基礎を固める!【問題発見と問題解決のための分析方法】
《6W2H》をすぐにダウンロードする
2.マンダラチャート

ひとつのことを思いついたけど、まだまだ深く考えたいときに使うと効果的です
中心に思いついたキーワードを置き、それから連想される8つの要素を周囲のマスに記入します
一見すると難しいように感じるかもしれませんが、中心から周囲に広げて記入する行為が頭の中のアイデアを広げる様子に似ているので思っているより簡単にマスを埋めることができます
このシートは ”3×3”マスVer.と ”9×9”マスVer.がありますがどちらが正解ということはないので自分の感覚に合っているほうを選びましょう

《創造性を引き出すマンダラチャートでアイデアの嵐!》はこちら→マンダラチャート

《マンダラチャート》のダウンロードはこちら↓
1.ブレインストーミング

まだアイデアが漠然としていてどこから手をつければいいかわからないときなどは道筋をつけて考えるよりも先に、まず頭の中にあるものをとにかく外に出す作業を一度したほうが遠回りに見えて近道です
ペン1本と紙1枚があればどこでもできますが、そのあとの作業を考えると付箋を使うとグッと進めやすくなります
パソコンを使って進めるときにはこのフレームワークを使ってください
もちろんひとりでしても良いフレームワークですが、複数人でやるともっともっと効果がでるでしょう

《ブレインストーミングを劇的に改善!驚異の結果を手に入れる方法》はこちら→ブレインストーミング

《ブレインストーミング》のダウンロードはこちら↓
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Excel Master