PR
スポンサーリンク

《SWOT分析》マスターして成功するための秘訣!【競合を圧倒し市場を席巻】

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ビジネスにおいて目標を達成するためには、自社の強みや弱み、市場のチャンスやリスクなどを分析し、具体的な戦略を立てることが不可欠です。
そのために用いられるのが「SWOT分析」です。
今回は、SWOT分析の基本的な概念から、実践的な方法、注意点や解決策まで、幅広く解説していきます。
初めてSWOT分析に取り組む方や、今後のビジネス戦略を立てるための手法として使いたい方にとって、役立つ情報が満載の記事です。

《SWOT分析》をすぐにダウンロードする
《クロスSWOT分析》をすぐにダウンロードする

「SWOT分析」の使い方

  1. 目標を明確にする
  2. 内部環境の分析を行い、自社の強みと弱みを洗い出す
  3. 外部環境の分析を行い、自社にとっての機会と脅威を洗い出す
  4. SWOT分析シートに4つの要素を記入する
  5. 4つの要素を組み合わせて、戦略的な目標を設定する
  6. 目標に応じた施策やアクションプランを立案する
  7. 施策やアクションプランの実行と評価を行う
  8. 市場や環境の変化に応じて、SWOT分析を定期的に見直す
  9. SWOT分析の結果や過程を客観的なデータや事実に基づいて行う
  10. SWOT分析は目標設定のツールであって、目的ではないことを意識する

内部環境と外部環境について

内部環境とは、自社内に存在する要素のことで、自社のコントロール下にあるものです。
内部環境の分析では、自社の強みと弱みを洗い出します。
強みとは、自社や自社製品・サービスに好影響を与える要素で、競争力やセールスポイントになります。
弱みとは、自社や自社製品・サービスに悪影響を及ぼす要素で、課題や改善点になります。
内部環境の分析を行うことで、自社の能力や特徴を客観的に把握することができます。

外部環境とは、自社外に存在する要素のことで、自社のコントロール外にあるものです。
外部環境の分析では、自社にとっての機会と脅威を洗い出します。
機会とは、自社や自社製品・サービスに好影響を与える要素で、ビジネスチャンスや可能性になります。
脅威とは、自社や自社製品・サービスに悪影響を及ぼす要素で、リスクや危機になります。
外部環境の分析を行うことで、自社のビジネス環境を把握することができます。

SWOT分析シート

SWOT分析シートは、SWOTの4つの要素を表形式で整理するツールです。

内部環境 外部環境
肯定的 強み(S) 機会(O)
否定的 弱み(W) 脅威(T)

SWOT分析シートに4つの要素を記入するときは、以下のポイントに注意してください。

  • 4つの要素は具体的かつ明確に記述する
  • 4つの要素は客観的なデータや事実に基づいて記述する
  • 4つの要素は数値化や評価できるように記述する
  • 4つの要素は重複しないように記述する

SWOT分析シートに4つの要素を記入することで、自社の状況を一目で把握することができます。

 

今日は私が目標設定とSWOT分析について教えるわね
よろしくお願いします
目標設定とSWOT分析とは何ですか?
目標設定とは、自分や組織が達成したいことを明確にし、そのために必要な行動や計画を立てることよ
目標設定をすることで、モチベーションや方向性が高まって、効率的に仕事ができるようになるわ
なるほど、目標設定は大切なんですね

目標設定につかえるいろんなフレームワークがあるけど、代表的なものにSWOT分析というものがあるわ
SWOT分析とは、以下の4つの要素を分析する手法のことよ

  • Strength:強み
  • Weakness:弱み
  • Opportunity:機会
  • Threat:脅威
それぞれの要素についてもう少し詳しく教えてください
まず、《Strength:強み》とは、「自社や自社製品・サービスに好影響を与える内部環境の要素」という意味ね
例えば、「ブランド力やノウハウがある」「人材の数や質が高い」「品質や価格が優れている」などが該当するわ
《Strength:強み》を把握することで、自社のセールスポイントや競争力を知ることができるのよ
《Strength:強み》は自社の強みを知ることが重要なんですね
次に、《Weakness:弱み》とは、「自社や自社製品・サービスに悪影響を及ぼす内部環境の要素」という意味ね
例えば、「商品やサービスの品質が低い」「商品やサービスの料金が高い」「知名度が低い」などが該当するわ
《Weakness:弱み》を把握することで、自社の課題や改善点を知ることができるわね
《Weakness:弱み》は自社の弱みを知ることが重要なんですね
さらに、《Opportunity:機会》とは、「自社や自社製品・サービスに好影響を与える外部環境の要素」という意味ね
例えば、「市場規模や成長性が高い」「競合店が少ない」「ニーズや流行がある」などが該当するわ
《Opportunity:機会》を把握することで、自社のビジネスチャンスや可能性を知ることができるわね
《Opportunity:機会》は自社の機会を知ることが重要なんですね
最後に、《Threat:脅威》についてね
《Threat:脅威》とは、「自社や自社製品・サービスに悪影響を及ぼす外部環境の要素」という意味よ
例えば、「市場規模や成長性が低い」「競合店が多い」「法律や規制が厳しい」などが該当するわね
《Threat:脅威》を把握することで、自社のリスクや危機を知ることができるのよ
《Threat:脅威》は自社の脅威を知ることが重要なんですね

これがSWOT分析の4つの要素ね
SWOT分析とは、「SWOT」の4つの要素を洗い出して、それらを組み合わせて戦略的な目標を設定する方法のことよ
SWOT分析のメリットはこんなかんじよ

  • 自社の強みや弱みを客観的に把握できる
  • 自社のビジネスチャンスやリスクを発見できる
  • 自社に適した戦略や施策を立案できる
SWOT分析は有効な方法ですね
ありがとうございます

では、具体例ね
あなたが新入社員として営業部に配属されたとして、あなたの目標は「2023年度末までに1000万円以上の契約金額を獲得する」こととするわね
この目標を達成するためのSWOT分析をしてみるわ
SWOT分析の手順はこんなかんじよ

  • 内部環境の分析(強みと弱みの洗い出し)
  • 外部環境の分析(機会と脅威の洗い出し)
  • クロスSWOT分析の実施(強み・弱み・機会・脅威の組み合わせ)
内部環境と外部環境を分析して、それらを組み合わせるんですね
そうよ、まず、内部環境の分析から始めるわ。内部環境とは、自社内に存在する要素のことよ
あなたが営業部に配属されたとして、自分や自分のチームが持っている強みや弱みを考えてみて
例えば、「営業スキルが高い」「コミュニケーション能力が高い」「商品知識が豊富」などが強みになるわね
反対に「営業経験が少ない」「商品知識が不足している」「顧客開拓力が低い」などは弱みになるわ
内部環境の分析は自分や自分のチームの能力や特徴を見つめ直すことなんですね

次に、外部環境の分析をするわね
外部環境とは、自社外に存在する要素のことね
あなたが営業部に配属されたとして、自分や自分のチームが直面している機会や脅威を考えてみて
例えば、市場規模や競合店の動向は、インターネットや業界誌、市場調査レポートなどで調べることができるわね
また、自分の担当する顧客やエリアに関する情報は、営業活動を通じて収集することもできるわ
外部環境の分析は、自社のビジネス環境を把握することになるのよ

外部環境の分析は自社のビジネス環境を把握することなんですね

最後に、クロスSWOT分析についてよ
クロスSWOT分析とは、内部環境と外部環境の4つの要素を組み合わせて、戦略的な目標を設定する方法のことよ
クロスSWOT分析では、以下の4つのパターンを考えるわ

  • 強みと機会の組み合わせ(SO戦略)
  • 強みと脅威の組み合わせ(ST戦略)
  • 弱みと機会の組み合わせ(WO戦略)
  • 弱みと脅威の組み合わせ(WT戦略)
それぞれのパターンについて教えてください
まず、強みと機会の組み合わせ(SO戦略)とは、「自社が持つ強みを活かして、外部環境にある機会を捉える」という戦略のことね
例えば、「営業スキルが高い」「市場規模が拡大している」という場合は、「市場シェアを拡大するために積極的に営業活動を行う」という目標が考えられるわ
SO戦略は自社の強みを活かして機会を捉える戦略なんですね
次に、強みと脅威の組み合わせ(ST戦略)とは、「自社が持つ強みを活かして、外部環境にある脅威に対抗する」という戦略ね
例えば、「商品知識が豊富」「競合店が多い」という場合は、「商品知識を生かして顧客に差別化した提案を行う」という目標が考えられるわね
ST戦略は自社の強みを活かして脅威に対抗する戦略なんですね
さらに、弱みと機会の組み合わせ(WO戦略)とは、「外部環境にある機会を利用して、自社が持つ弱みを克服する」という戦略ね
例えば、「営業経験が少ない」「ニーズが高まっている」という場合は、「ニーズに応えるために営業スキルを向上させる」という目標が考えられるわね
WO戦略は外部環境の機会を利用して弱みを克服する戦略なんですね
最後に、弱みと脅威の組み合わせ(WT戦略)とは、「自社が持つ弱みと外部環境にある脅威を回避する」という戦略のことね
例えば、「商品知識が不足している」「法律や規制が厳しい」という場合は、「商品知識を補うために研修や勉強会を行う」「法律や規制に違反しないように注意する」という目標が考えられるわね
WT戦略は自社の弱みと脅威を回避する戦略なんですね
これがクロスSWOT分析の4つのパターンよ
クロスSWOT分析をすることで、自社の状況に応じた目標を設定することができるのよ
ただし、クロスSWOT分析にはこのような注意点もあるからね

  • 市場や環境は常に変化しているので、定期的に見直すことが必要
  • クロスSWOT分析は目標設定のツールであって、目的ではない
  • クロスSWOT分析は客観的なデータや事実に基づいて行うことが重要
クロスSWOT分析には注意点もあるんですね
ありがとうございます
いえいえ、こちらこそ
これからも一緒に頑張りましょうね

 

《SWOT分析》をすぐにダウンロードする
《クロスSWOT分析》をすぐにダウンロードする

 

スポンサーリンク

目標設定とSWOT分析の基本

目標設定とは何か

目標設定とは、自分自身やチーム、組織が達成したい目的を明確にし、それに向けて具体的な方策を考えることです。
目標設定は、目的達成のための行動計画を立てる上で非常に重要な役割を果たします。

SWOT分析とは

  • SWOT分析とは、自社や事業を取り巻く内部環境(強み・弱み)外部環境(機会・脅威)を分析するフレームワークです。
  • SWOT分析の目的は、経営戦略やマーケティング計画を構築するためです。
  • SWOT分析のメリットは、現状把握や問題発見、戦略立案や目標策定に役立つことです。

 

目標設定とSWOT分析の関係

目標設定とSWOT分析の目的と役割

目標設定とSWOT分析の目的は、自分自身やチーム、組織が達成したい目的を明確にし、その上で具体的な方策を考えることです。
目標設定とSWOT分析は、戦略的な目標達成に向けた基本的な手法であり、相互に補完する関係にあります。

目標設定とSWOT分析のプロセスと手順

目標設定のプロセスは、「目標の設定」「行動計画の立案」「行動計画の実行」「結果の評価」というステップがあります。
SWOT分析の手順は、「内部分析」「外部分析」「SWOTのマトリクス作成」「戦略の立案」というステップがあります。
目標設定とSWOT分析は、それぞれ独立した手法ですが、目標達成に向けた計画の立案において併用されることが多くあります。

目標設定とSWOT分析の関係性と重要性

  • 目標設定とSWOT分析は、相互に関連しています。
  • SWOT分析によって自社の強みや弱み、機会や脅威を把握することで、現実的で適切な目標を設定できます。
  • また、目標設定によってSWOT分析の結果を活用することで、戦略的な行動計画を立てられます。
  • 目標設定とSWOT分析は、事業の成長に欠かせない重要なプロセスです。

 

SWOT分析のやり方と具体例

内部環境(強み・弱み)の分析

  • 内部環境の分析とは、自社内に存在するプラス要因(強み)とマイナス要因(弱み)を洗い出すことです。
  • 内部環境の要素には、商品やサービスの品質や価格、ブランド力やノウハウ、人材や財務などがあります。
  • 内部環境の分析では、客観的な事実情報に基づいて自社の優位性や劣位性を評価します。

外部環境(機会・脅威)の分析

  • 外部環境の分析とは、自社外に存在するプラス要因(機会)とマイナス要因(脅威)を発見することです。
  • 外部環境の要素には、市場規模や成長性、競合他社の動向、法律や政策などがあります。
  • 外部環境の分析では、自社に影響を与える可能性が高い要素を重点的に調査します。

SWOTマトリックスの作成

  • SWOTマトリックスとは、内部環境と外部環境の4つの要素を2×2の表にまとめることです。
  • SWOTマトリックスの作成方法は、以下の通りです。
    • 強み(S)と機会(O)を組み合わせて、自社が活かせるチャンスを考える。
    • 弱み(W)と脅威(T)を組み合わせて、自社が回避すべきリスクを考える。
    • 強み(S)と脅威(T)を組み合わせて、自社が対抗できる強みを考える。
    • 弱み(W)と機会(O)を組み合わせて、自社が改善すべき弱みを考える。
  • SWOTマトリックスの例は、以下のようになります。
機会(O) 脅威(T)
強み(S) 新規市場への参入や新製品の開発など 競合他社に対する差別化やブランド力の維持など
弱み(W) 製品やサービスの改善や価格競争力の向上など 市場シェアの低下や顧客満足度の低下など

実際に使ってみた事例紹介

  • SWOT分析は、さまざまな業界や事業に応用できる汎用的なフレームワークです。
  • ここでは、飲食店を例にして、SWOT分析の具体的な事例を紹介します。
  • 飲食店のSWOT分析は、以下のようになります。
機会(O) 脅威(T)
強み(S) ・通り沿いの店舗で立地が良い
・高品質の原料を吟味して使っている
・老舗ならではのノウハウと人脈がある
・競合他社に対するメニューやサービスの差別化
・コロナ禍での感染防止対策やテイクアウト対応
・人件費や原材料費の高騰への対応
弱み(W) ・知名度が低く集客力が弱い
・メニューが少なくバリエーションに欠ける
・店内が狭く席数が少ない
・新規参入者やチェーン店との価格競争
・顧客ニーズやトレンドへの対応力が低い
・従業員の離職率が高い

 

SWOT分析から目標設定につなげる方法

戦略目標の導き出し方

  • 戦略目標とは、SWOT分析から得られた情報をもとに、自社が達成したい具体的な目標です。
  • 戦略目標を導き出す方法は、以下の通りです。
    1. SWOTマトリックスから、自社にとって最も重要な要素を選びます。
    2. 選んだ要素に対してSMART分析に沿って目標を設定します。
    3. 目標を設定したら、その目標を達成するために必要な行動や施策を考えます。
    4. 行動や施策にも期限や担当者を割り当てます。

クロスSWOT分析とは

  • クロスSWOT分析とは、SWOT分析の4つの要素を組み合わせて、新たな戦略的な視点を得る方法です。
  • クロスSWOT分析には、以下の4つのパターンがあります。
    • SO戦略:強み(S)と機会(O)を活用して、市場での優位性を高める戦略
    • ST戦略:強み(S)と脅威(T)を対応させて、市場での競争力を維持する戦略
    • WO戦略:弱み(W)と機会(O)を改善して、市場での成長機会を捉える戦略
    • WT戦略:弱み(W)と脅威(T)を回避して、市場での存続力を確保する戦略

クロスSWOT分析の実施方法

  • クロスSWOT分析の実施方法は、以下の通りです。
    • SWOTマトリックスから、自社にとって最も重要な要素を選びます。
    • 選んだ要素同士を組み合わせて、クロスSWOT分析のパターンに当てはめます。
    • 各パターンに対して、具体的な戦略や施策を考えます。
    • 考えた戦略や施策にも期限や担当者を割り当てます。

 

SWOT分析における注意点やコツ

事実情報から多面的な解釈を引き出す

  • SWOT分析では、事実情報に基づいて内部環境と外部環境を分析しますが、その際には多面的な解釈が必要です。
  • 同じ事実情報でも、視点や切り口によってプラス要因やマイナス要因になり得るからです。
  • 例えば、「店内が狭く席数が少ない」という事実情報は、「弱み」として捉えられることが多いですが、「機会」として捉えることもできます。
    • 「弱み」として捉える場合:集客力が低く売上が伸びない
    • 「機会」として捉える場合:予約制にして顧客満足度を高める
  • SWOT分析では、事実情報から多面的な解釈を引き出すことで、より幅広い視野で戦略や目標を考えることができます。

プラス要素とマイナス要素に注目する

  • SWOT分析では、プラス要素(強み・機会)とマイナス要素(弱み・脅威)に注目することが重要です。
  • プラス要素に注目することで、自社の強みや市場のチャンスを最大限に活かすことができます。
  • マイナス要素に注目することで、自社の弱みや市場のリスクを最小限に抑えることができます。
  • SWOT分析では、プラス要素とマイナス要素のバランスを考えながら、自社の状況に合った戦略や目標を設定します。

戦略目標はオプション思考で複数案作成する

  • SWOT分析から導き出された戦略目標は、一つだけではなく、複数案作成することがおすすめです。
  • 複数案作成することで、以下のメリットがあります。
    • 市場や競合他社の変化に対応できる柔軟性が高まる
    • 目標達成の確率や効果を比較検討できる
    • 最適な戦略や目標を選択できる
  • SWOT分析から戦略目標を複数案作成する際には、オプション思考という考え方が役立ちます。
    • オプション思考とは、将来の不確実性に対処するために、可能性のある選択肢を多く持つことです。
    • オプション思考では、以下の3つのステップを行います。
      • 仮説を立てる:SWOT分析から得られた情報をもとに、自社が達成したい目標やそのために必要な行動を仮説として立てる
      • 検証する:仮説に対して、市場や競合他社の動向、顧客ニーズやトレンドなどのデータやフィードバックを集めて検証する
      • 選択する:検証した結果から、最も有効かつ現実的な戦略や目標を選択する

他のフレームワークと併用する

  • SWOT分析は、他のフレームワークと併用することで、より効果的な戦略や目標を立てることができます。
  • 他のフレームワークと併用することで、以下のメリットがあります。
    • SWOT分析だけではカバーできない視点や情報を補うことができる
    • SWOT分析の結果をより具体的かつ詳細に展開することができる
    • SWOT分析の結果をより客観的かつ定量的に評価する
  • SWOT分析の結果をより客観的かつ定量的に評価することができる
  • 他のフレームワークと併用できる例として、以下のものがあります。
    • PEST分析:政治(Political)、経済(Economic)、社会(Social)、技術(Technological)の4つの要素から、自社に影響を与えるマクロ環境を分析するフレームワークです。SWOT分析の外部環境分析を補完することができます。
    • ポーターの5フォース分析:業界内の競争状況を、競合他社の脅威、新規参入者の脅威、代替品の脅威、買い手の交渉力、売り手の交渉力の5つの要素から分析するフレームワークです。SWOT分析の外部環境分析をより詳細にすることができます。
    • バリューチェーン分析:自社の事業活動を、原材料調達や製品開発などの主要活動と、人事や財務などの支援活動に分けて、それぞれがどれだけ価値を創出しているかを分析するフレームワークです。SWOT分析の内部環境分析をより具体的にすることができます。

目標設定とSWOT分析の課題と問題点

目標設定とSWOT分析には、以下のような課題や問題点があることに注意が必要です。

  • 目標設定において、目標が曖昧であったり、実現可能性が低かったりすることがある。
  • SWOT分析において、分析結果が主観的で客観的な分析が行われていないことがある。
  • 目標設定やSWOT分析を実施する前に、組織のビジョンやミッションが明確でない場合、目標設定やSWOT分析の方向性が定まらないことがある。
  • 目標設定やSWOT分析を実施する人員が限られている場合、分析の視点や規模が狭まることがある。

目標設定とSWOT分析の解決策と改善策

上記の課題や問題点を解決するためには、以下のような解決策や改善策が考えられます。

  • 目標設定において、目標を明確に定めるためにSMART分析を設定することが重要です。
  • 実現可能性の高い目標を設定するために、社内外の情報を収集することが大切です。
  • SWOT分析においては、主観的な分析を避けるために、分析対象を客観的に評価するための基準を設けることが必要です。
  • 複数の人員で分析を行い、視点の多様化を図ることが望ましいです。
  • 目標設定やSWOT分析を実施する前には、組織のビジョンやミッションを明確にし、それを基に目標設定やSWOT分析の方向性を定めることが重要です。
  • 目標設定やSWOT分析を実施する人員が限られる場合は、外部の専門家を招いて分析を行うことが考えられます

 

まとめ

  • SWOT分析とは、自社や事業を取り巻く内部環境(強み・弱み)と外部環境(機会・脅威)を分析するフレームワークです。
  • SWOT分析は、目標設定や戦略立案に役立つ重要なプロセスです。
  • SWOT分析を効果的に行うためには、以下のポイントに注意します。
    • 事実情報から多面的な解釈を引き出す
    • プラス要素とマイナス要素に注目する
    • 戦略目標はオプション思考で複数案作成する
    • 他のフレームワークと併用する
《SWOT分析》をすぐにダウンロードする
《クロスSWOT分析》をすぐにダウンロードする

コメント

  1. Admiring the dedication you put into your blog and detailed information you present. It’s awesome to come across a blog every once in a while that isn’t the same unwanted rehashed material. Fantastic read! I’ve saved your site and I’m including your RSS feeds to my Google account.

  2. I just couldn’t depart your site prior to suggesting that I extremely enjoyed the standard information a person provide for your visitors? Is going to be back often in order to check up on new posts

  3. Hi i am kavin, its my first time to commenting anywhere, when i read this post i thought i could also make comment due to this sensible post.

  4. hire a hacker より:

    Magnificent web site. A lot of useful information here. I’m sending it to several friends ans also sharing in delicious. And of course, thanks for your sweat!

  5. Hello very nice web site!! Man .. Beautiful .. Wonderful .. I’ll bookmark your website and take the feeds also…I’m satisfied to find so many useful information right here within the put up, we want develop extra techniques in this regard, thanks for sharing. . . . . .

  6. I’m still learning from you, as I’m trying to achieve my goals. I certainly love reading all that is posted on your blog.Keep the aarticles coming. I loved it!

  7. dobry sklep より:

    Wow, incredible blog layout! How long have you been blogging for?
    you make running a blog look easy. The entire glance of your web site is magnificent, as smartly as the content!
    You can see similar here ecommerce

  8. You have brought up a very fantastic points, thankyou for the post.

  9. Of course, what a fantastic blog and instructive posts, I definitely will bookmark your blog.Best Regards!

  10. tlovertonet より:

    wonderful post, very informative. I wonder why the other experts of this sector don’t notice this. You should continue your writing. I’m confident, you’ve a huge readers’ base already!