現地調査

現地調査に行く場合、せっかく行ったのになんとなく場所を確認してなんとなく周りを見てみただけだけで帰ってきてはもったいないですね。
ではどのような点に注意して調査を行えば良いのでしょうか?
まず現地に行く前に地図や統計情報で周辺の環境や人口動態はチェックするべきです。それは「あらかじめその商圏の状況を予想しておく」ということが重要になるからです。
事前情報を収集して予想したら現地に行きましょう。ここで事前の予想と現地の情報があっているか確認します。
現地に行くと居住人口は多いのにこの駅前には通行人が少ないとか、車の交通量は少ないのにこの商業施設には客が多いといった現象を目にすることが多くあります。
このように差異があった場合もちろん現地の情報が正しいということになります。ここでは自分の感覚を信じましょう。
さて調査の結果その物件をどう判断するのかということになってきますが、感覚で良かった悪かったと言ってもそれでは他人に伝わりません。
そこで重要なのが項目ごとに数値化して比較できるようにするということです。
数値化までいかなくとも〇△×とかでも問題ありません。
調査を何か所も行って数値化を繰り返すことで、あちこちの物件について比較できるようになることが重要なのです。

タイトルとURLをコピーしました