PR
スポンサーリンク

小説 世界設定

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

世界設定

    • 世界観:中世ヨーロッパ風の剣と魔法の世界。魔法は稀少で貴重な力であり、魔法使いは王国に仕えるか、秘密結社に属するか、独自に活動するかの三派に分かれている。
    • テーマ:自分の信じる道を進むこと。友情と愛情の葛藤。
    • 主人公:レオン。16歳の少年。村で暮らしていたが、ある日魔物に襲われて家族を失う。その際に自分に魔法の才能があることを知り、魔法使いになることを決意する。
    • 仲間:アリス。15歳の少女。王国に仕える魔法使い見習い。レオンと出会って旅に同行する。レオンに好意を抱くが、彼が別の女性に惹かれていることに気づく。
    • 敵:ザルダン。40歳の男性。秘密結社の幹部であり、魔法使いとしては最強クラス。王国を滅ぼし、世界を支配する野望を持つ。レオンの父親でもある。
    • 物語の舞台となる世界観をしっかりと設定すること。現実とどう違うのか、その違いをどう読者に見せるのか、どう物語に活かすのかを考えましょう。
    • 物語のテーマやメッセージを明確にすること。世界観や登場人物、ストーリー展開がテーマに沿っているかどうかをチェックしましょう。
    • 物語の構成は三幕構成を参考にすること。物語を「設定(物事のはじまり、きっかけ)」「対立(物語の展開)」「解決(物語の結末)」の三幕に分けて、それぞれに起承転結を意識して書きましょう。
    • 物語に設定を詰め込み過ぎないこと。読者が必要としている情報だけを適切なタイミングで伝えるようにしましょう。ご都合主義な展開や登場人物の行動も避けましょう。
    • 第一幕が3章、第二幕が5章、第三幕が4章で構成されている予定でした。つまり、合計で12章の小説の予定でした。
    • 世界設定と背景: ファンタジー小説では、架空の世界や神話的な要素が重要な役割を果たします。魔法や異世界、種族の存在など、独自の世界観を構築します。
    • 主人公と登場人物: ファンタジー小説では、一人または複数の主人公が冒険の旅に出ることが一般的です。主人公は個性的で魅力的な性格を持ち、読者が共感することができるように描かれます。また、仲間や敵キャラクターも物語を豊かにします。
    • 冒険の展開: 主人公たちは、困難や試練に立ち向かいながら、旅を進めます。目的や目標を持ち、途中で新たな問題や謎が現れることがあります。旅の過程で成長し、経験を積んでいく描写も重要です。
    • 魔法や戦闘: ファンタジーの要素として、魔法や戦闘シーンが頻繁に登場します。魔法の使い方や戦闘技術の描写は、読者の興味を引く重要な要素となります。
    • テーマ性とメッセージ: ファンタジー小説は単なる冒険物語だけでなく、テーマ性やメッセージを含むことがあります。勇気や友情、希望といったテーマが探求されることがあります。
    • 登場人物: 主人公やメインキャラクターの設定が必要です。彼らの個性、目標、モチベーション、過去の経歴などを決めましょう。また、仲間や敵キャラクターも物語を豊かにするために考えることが重要です。
    • 世界観: 小説が展開する架空の世界や異世界の設定が必要です。地理的な特徴、文化や社会のあり方、種族の存在などを考えましょう。世界観が物語の背景として影響を与えることがあります。
    • 文明の発達度: 世界の文明や技術の発達度合いを設定することが重要です。中世のようなファンタジー世界や未来の先進的な文明など、物語の舞台に合わせて決めましょう。これによって、物語のテーマや設定が変わることがあります。
    • 魔法や魔法システム: ファンタジー要素の一部として、魔法や超自然的な力の存在を設定することがあります。魔法の種類や制約、使い方などを考えることで、物語の展開やキャラクターの能力に影響を与えることができます。
    • 歴史や神話: 架空の世界には、その歴史や神話が存在します。重要な出来事や伝説、神々や英雄の存在などを設定することで、物語の背景やキャラクターの動機づけに繋がることがあります。
    • プロットとストーリー: 物語の始まりから終わりまでの大まかなプロットやストーリーの流れを考えます。主要なイベントや転機、クライマックス、結末などを決めましょう。
    • コンフリクトと障壁: 物語における主なコンフリクト(対立)やキャラクターの直面する障壁を設定します。これによって物語が進行し、キャラクターの成長や試練が描かれます。
    • テーマ: 物語には通じるテーマが必要です。勇気、友情、成長、善悪、運命など、探求したいテーマを決めましょう。これによって物語に深みと意義が生まれます。
    • 文体と語り口: 物語の文体や語り口を決めることも重要です。一人称か三人称か、過去形か現在形か、語り手のトーンやスタイルなどを考えましょう。これは読者に物語を伝える手段となります。
    • プロットの構造: 物語のプロットを構成する要素として、起承転結や伏線の設定、サブプロットの絡みなどを考えます。プロットの構造が物語のリズムや興味を引くポイントを作り出します。
    • サブキャラクターとサイドストーリー: 主要な登場人物以外にも、サブキャラクターを設定しましょう。それぞれのサブキャラクターには個別の目標や成長、関係性があるかもしれません。また、サイドストーリーを導入することで物語の奥行きを増やすこともできます。
    • ダイアローグ: キャラクター間のダイアローグ(会話)のスタイルや言葉遣いを考えます。キャラクターの個性や関係性が反映されるように心掛けましょう。
小説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Excel Master

コメント