地震保険の受け取りかた

地震保険は自分で請求ができます

請求の方法は、まず加入している保険会社に連絡します。
連絡すると後日、日本損害保険協会から有資格の鑑定会社が鑑定に来ます。
鑑定の所要時間目安は、1~3時間です。
多くの場合、その場で受給できる・できないか分かります。
受給できる場合は申請をして保険金が下りるのを待つだけです。

地震保険の請求に関して必要なものはありません。
また地震保険の補償対象は、地震によって起きた主要構造部のみです。

上記の鑑定は地震保険損害認定基準に基づき調査されます。
鑑定の結果「全損」「大半損」「小半損」「一部損」が認められれば、それぞれ地震保険の契約金額の一定割合を受け取ることができます。
鑑定しても保険金が支払いされない一番多いケースは、「証明できない被害」によるものです。地震保険加入時に家屋の写真をたくさん撮影しておきましょう。

地震で建物に被害を受けてご加入の地震保険が支払われるか知りたい・調べたい方がおられましたらコンサルタントの無料相談をお試しください。これは相談・調査までは無料で行い、保険金が支払われたときに成功報酬として支払われた保険金額の30~35%ほどの費用を請求する業者が多いようです。

タイトルとURLをコピーしました