人数をカウントする

やっぱり気になる通行人数や来店客数をカウントしたい

お店の前を通る人の数やイベントに参加した人の数ってやっぱり気になりますよね。
そこで人数を知るための方法をいくつか紹介しましょう。

実際に数えるのが一番

人数が気になるときは実際に数えるのが一番です。
数取器(カウンター)を持ってひたすらカチャカチャ…
道端とかでもたまに見かける光景ですね。
あれは通行人や通過した車の数を数えています。
男女別・年齢層別に数えることが多いようですね。
ちなみに秋ごろに調べることが多いそうです。

実際に人が数えることのメリットは簡単にできるということです。
人が1人いれば始められますし、対象が人間かどうかの判断も簡単にできます。
デメリットは数え間違いや数え忘れなどのヒューマンエラーが発生することや、結構な人件費が発生することです。多くの場所や長い期間を計測するには向いていません。

もっと簡単に数えたい

いちいち数えるのは大変だよという人のために、つぎは機械を使ってカウントしてみましょう。
パッと思いつくのはセンサーを使って計測することですね。
例えばお店なら店舗の出入り口付近にセンサーを設置して来店者数を計測すればいいんじゃないのと思いますよね。

センサーは機械なので壊れない限り24時間365日休みなく働き続けます。しかも最近のセンサーは優秀なのでほぼカウントミスも起こりません。
しかも通販で購入すると安いものなら10,000円くらいから用意されています。これはもう買って自分で設置するしかないですね。

人数だけじゃ物足りない

センサーで人数を数えるだけでは物足りないという人には最近流行りのAIを駆使した数え方はどうでしょうか。
これはネットワークカメラ+AIというシステムで大人数を一瞬で数えるというものです。
しかも属性を判断することもできることから人の動きまで計測できるという優れものです。
これをもとに動線やレイアウトを検討することができます。

たくさん数えて数字がでたよ

さて、問題は数えた後どうするかということです。
人数が手元に現れたところでただの数字にすぎません。それをどのように判断し生かしていくのか、これが重要になります。

次の記事 「人数をカウントしてわかること」



タイトルとURLをコピーしました