ランチェスター戦略

ランチェスター戦略とはランチェスターの2つの法則から生み出された「弱者の戦略」「強者の戦略」をあらわします。

「弱者の戦略」はランチェスター第一法則である1対1での局地戦「一騎打ちの法則」によるものです。これは経営資源に限りのある中小企業が、大企業が入り込めないほどにニッチにセグメンテーションを狭く設定することなどになります。
・第一法則【戦闘力=武器性能×戦闘員数】

一方「強者の戦略」とは経営資源に余裕がある大企業がランチェスター第二法則である多数対多数での総力戦「集中効果の法則」で戦うことをいいます。これは大規模な宣伝などを駆使して市場シェアを席巻していくことなどになります。
・第二法則【戦闘力=武器性能×戦闘員数の2乗】

弱者の戦略は、大企業に付け込まれることのないよう武器の性能を上げ狭い範囲での戦いをしなくてはいけません。

逆に強者の戦略は、大きな市場で広く大規模な展開を繰り返して弱者の追随を許さない市場シェアの確保に努めなくてはいけません。

ちなみにビジネスにおける強者とは市場シェア1位の企業であり、弱者とは市場シェアが2位以下の企業のことです。

タイトルとURLをコピーしました